職業訓練で実際に体験した内容。必要事項や疑問点などを紹介、解決します。
職業訓練に行く前に

職業訓練は本当に就職出来る?職業訓練が就職に有利か解説!

職業訓練のチラシなどを見ると、就職に有利や、希望する職種に就職しやすく成るなど書かれている場合があります。

また、ハローワークの窓口で就職相談をすると、訓練を勧められることもあります。

ハローワークの人が訓練を勧めるのなら、それだけ就職に有利ということなのでしょうか?

職業訓練が本当に就職に有利なのか、解説していきます。

職業訓練の目的を知ろう

そもそも職業訓練とは、どのようなものなのでしょうか?

職業訓練を受講する理由には以下のようなものがあります。この理由には、ハローワーク担当者が勧めてくれる理由も含まれています。

  1. 自分に足りない技能を磨く
  2. 異職種への転職のための技能習得
  3. 資格取得

これらについてご説明します。

1.自分に足りない技能を磨く とは?

例えば、多くの女性が希望する事務系職種。

ハローワークが公開している「有効求人倍率」を見ると、一般事務やOA事務と言われる職種の求人倍率が「1.0」未満と、求職者1名に対して求人が1件もない状況となっています。

10年以上前であれば「パソコンを使えます」や、「Excelで表やグラフを作れます」という程度で簡単に就職が出来ていました。

ですが、今ではExcelやWordは多くの方が使えますので、特別なことではありません。残念ながらその程度では簡単に事務系職種への転職が出来なくなっているのです。

その為、他者との差別化を図るために経理事務やCAD事務、医療事務などの訓練コースを履修し、技術を習得して、就職を有利にしていく必要があります。

2.異職種への転職のための技能習得 とは?

例えば、これまで営業職で頑張っていた方が営業以外の職種に就くために、新たな技術や知識を習得するのが、これに当たります。

3番目の理由にも共通しているのですが、介護職の資格を取得するコースを選択し、介護業界へ転職する方も少なくありません。

これまで経験したことのない職種に関する技能を習得することで、「未経験」に多少色を付けることが出来るのです。

3.資格取得 とは?

多くの職業訓練の募集チラシには、「この訓練を受講すると、この資格を取得するための技術を磨けます」と書かれています。

また、チラシに書かれている内容を見ると資格試験対策の授業を取り入れたりしているコースが意外と多いことに気が付きます。

資格を持っているからと言って仕事が出来るということではありませんが、資格がある程度の能力判断の材料となっていることもあり、資格対策のために訓練を受講する方もいます。

また、先ほどご紹介した介護職の様に、資格がなければ出来ない仕事というものもあり、その資格習得のためのコースを受講する方もいるのです。

OJT付きの訓練は就職に有利?

訓練の種類によりますが、OJT付きの訓練の場合にはそのOJT期間がお互いの試用期間となり、そのまま就職する率が高くなります。

つまり、訓練を受けることで未経験であっても新しい職種に再就職できる可能性が高くなるということです。

OJT付き訓練の場合、OJT先に選ばれる企業の多くは実は求人情報を出している企業です。

つまり、企業としても給与を払うことなくその就職希望者の技能や人となりを知る機会が持てますので、メリットが多く業種によっては積極的にOJTに協力をしてくれる企業もあるほどです。

また、訓練生が就職を希望する企業にOJTをお願いするというケースもかなり稀なケースではありますが、あります。

ということは、訓練生としても就職前にその企業の体質を知ることが出来ますので、訓練生・企業双方にメリットが有り、訓練生のOJT期間中の頑張りによってはそのまま採用してもらえる可能性が高くなるのです。

OJTが付いていない職業訓練でも就職支援は充実している

 

職業訓練は、求職者に技能を身につけさせて就職させることが、訓練校の目的です。

訓練校としては、訓練生が就職をしてくれなければ次回から訓練を実施できなくなってしまう可能性もありますので、就職支援にはかなりの力を入れて取り組んでくれます。

例えば、適職診断テストを実施して転職のアドバイスをしてくれたり、履歴書・職務経歴書の添削をしてくれたり、定期的に就職相談会を開催してくれたりと、就職させるためにあの手この手で支援をしてくれるのです。

就職先の紹介をしてくれることもありますし、就職を希望する企業への売り込みをしてくれることもあります。

職業訓練で就職は出来るのか? まとめ

自分自身の能力・経験があれば簡単に就職が出来ると思っている方の場合、もしかしたら職業訓練を使って就職するというメリットはあまりないのかもしれません。

ですが、自分に何が足りないのかを知っている方や、異業種・異職種への転職を希望する方の場合には、職業訓練を受講するのはかなりメリットが高いと言えます。

ハローワークでは物足りないと感じている就職支援を、キャリアアドバイザーの資格を持った講師から受けることが出来ますし、就職先の紹介も積極的に行ってもらえます。

未経験で転職を希望する方の場合には特に、この就職支援と企業紹介があれば早期に転職できる可能性が高くなります。

要点まとめ

職業訓練のメリットは

  • 新しい仕事の知識を得てから就職出来る
  • 自分に足りない知識を学べる
  • OJTを活用すれば、実際に企業で働くことで仕事の実態を知ることができ、そのまま就職出来る場合もある。
  • 手厚い就職支援を受けられ、就職出来る可能性が高くなる

 

おすすめ転職サイト・エージェント
リクナビNEXT
\毎週2.6万人以上が新規登録/
実際に転職した人の約8割がリクナビNEXTを利用しています。
リクナビNEXTだけの限定求人が約85%
圧倒的な求人数で、地域・職種問わずあらゆる転職者にマッチする求人を探すことができます。
ここにしかない求人が非常に多いため、他のサービスとの併用も オススメできます。
カテゴリー転職サイト
年齢層幅広い年齢層にオススメ
特徴グッドポイント診断で自分の特徴を捉え、自己分析に活かせます。
こんな人におすすめ何から始めたら良いかわからない・自分のスキルを活かせる職場に行きたい・転職意向はないが、診断には興味がある そんな人にオススメです。

グッドポイント診断公式ページ

doda
DODAの求人のうち、80%以上が非公開求人です。
自分では見つけられない求人もエージェントサービスに登録することで見つけることができます。
転職のプロが企業へのエントリー、選考結果のお知らせ、面接日程の調整など内定までをトータルサポート。
また、必要に応じてキャリアカウンセリングを受けられます。
転職活動が不安な方でも安心して転職活動を進めることができます。
カテゴリー転職エージェント
年齢層20代のサポートが手厚い
特徴80%以上の非公開求人
こんな人におすすめ手厚いフォローやサポート、ノウハウなどを受けたい方

詳細ページ公式ページ

リクルートエージェント
転職支援実績NO.1
転職支援実績は累計41万1,000名以上(2017年3月期時点)
業界最大級の非公開求人数
リクルートエージェントでは一般公開の他、10万件以上の非公開求人を取り揃えています。
アドバイザーによる様々な転職サポート制度も充実しています。
カテゴリー転職エージェント
年齢層幅位広い年代
特徴業界最大数の求人を持つ転職エージェント
こんな人におすすめ業界最大手で、キャリアアドバイザーにしっかりとサポートしてもらいたい人

詳細ページ公式ページ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA