職業訓練で実際に体験した内容。必要事項や疑問点などを紹介、解決します。
仕事

【試用期間中はここに注意してみろ!】 試用期間中に確認すべき企業の実態

無事就職活動がおわり、いざ就職!という人も、実際に入ってみたら思っていたのと違った。という人はいるかと思います。

そんな人は試用期間を最大限に利用して、自分が入った会社が一体んどんな会社なのか、自分はやっていけるのかを確認しましょう。

試用期間中であればまだ辞めやすくなっています。

ですが試用期間を超えると、途端抜けにくくなり、また会社にとっても迷惑になる可能性があります。

うまく就職出来たからと言って気を抜かず、むしろ試用期間中は本当にこの会社でやっていけるのかを考える必要があります。

入社するまでは企業があなたを審査しましたが、試用期間中はあなたが企業を審査する番です。

ブラック企業じゃないか、ちゃんとした手当は貰えているのか、しっかりと確認する必要があります。

 

試用期間中に確認すべき点

休日はちゃんと取れるのか

入って早々ですが、ちゃんと休日は取れるのかはしっかりと確認しましょう。

ちゃんと確認するには働いている社員に聞いてみることですが、まだ入ってすぐで聞きにくい場合は誰がいつ休んだのか把握しておくことです。

私の場合、入って2ヶ月ぐらいで仲良くなった人の休みのサイクルを確認したり、気さくに話せるようになったころに聞いてみました。

聞いてみたところ、有給はかなり取りにくく、大型連休は基本出張となるため全く取れない。

大型連休に出張がなくても、休みの間に有給を取って日数を伸ばすといった事は絶対に無理だ。

と言われました。

残業等各種手当は出ているか

残業や出張手当など、入社前に確認するのは基本ですが、入ったら全く貰えないというブラック企業もあります。

試用期間中に残業があるかは分かりませんが、もし有った場合ちゃんと残業手当が貰えているか確認しましょう。

また、出張手当や夜勤の手当、その他手当についてもちゃんと貰えるのか確認は必須です。

入社前と話が違った! と言っても、会社が取り合ってくれないことの方が多いです。

もしそういった手当が出ていない場合、こちらから縁を切るべきです。

労働時間に問題ないか

求人票には就業時間や月平均の時間外労働が出ている場合があります。

ですが、実際にこの通りになることはほぼ無いと思っておいたほうが良いでしょう。

多少多くなるのは仕方がないとしても、もしとんでもない時間働いている人がいる場合注意です。

私が以前入った会社では、1ヶ月休み無しで残業も月200時間を超えている人が居ました。

17時15分終業なのに、翌朝1時とかまで仕事を毎日されていましたね。

政府が「コレを超えると健康に悪影響が出る」としている「過労死基準」は80~100時間です。

それをゆうに超えている人を見て、入った会社を辞める決意をしました。

会社の雰囲気・部署間の雰囲気はどうか

仕事をする中で最も問題になるのが人間関係です。

この人間関係に問題があると、会社の雰囲気が悪くなったり、部署間の雰囲気が悪くなります。

私の入った会社は車の部品を設計から製造までする会社でしたが、設計部門と製造部門とのやり取りが全く無く、雰囲気は悪かったです。

その2つの雰囲気が悪いと、業務全体に影響を及ぼし、納期や製品の出来にまで影響を与えます。

会社や部署間の雰囲気はしっかりと確認しておきましょう。

上司・先輩はどうか

自分に直接関わるのが上司や先輩です。

これもコミュニケーションの問題になりますが、人が仕事を辞める理由の一つが他人とのコミュニケーションです。

自分の上司がどんな人か、先輩がどんな人なのか。ちゃんとやっていけるかをしっかりと確認します。

とはいえ入ってすぐです。まだ相手もあなたのことを良く分かっておらず、どうやり取りをしていいのか悩む時期でもあります。

相当やばい人でないかぎり、自分も相手も、互いに理解出来るようになるまで様子を見ると良いかと思います。

私の場合、疑問点を上司に質問しても嫌そうに「なんや!?」と半ばキレ気味で言う人でした。

なんでこんなに切れてんだ!?と逆にこっちが切れそうになりましたが、よくよく見てみると、他の人でも同じような口調であったり、また手の空いているタイミングであれば、多少「なんや?」程度に口調の厳しさが収まっている事に気が付きました。

どうやら切れているのではなく、普段からそんな感じで話す人だったんですね。

このように、相手のことを実際に分かってくるまでやはり時間がかかります。

まずは上司や先輩を理解するところから始めると良いかと思います。

退職を申し出る場合はいつまでに?

退職の申し出る期間は、法律上では退職の14日前までとなっています。

ですが、企業によっては「1ヶ月前に申告する」など定められている場合があります。

退職の意志を固めた場合、すぐに上司に相談し、退職の意志を伝えましょう。

試用期間中の場合、残り日数が申告期間より少ない場合があります。

「一ヶ月前申告だが、退職の意思を伝えたのが14日前だった」など。

その場合、本採用後の退職となってしまいますが、職場に相談し対応を仰ぎましょう。

私の場合、試用期間が3ヶ月でしたが、どうしても働いていけるか悩んでしまい1ヶ月延長。

しかし結局辞める決意をして上司に相談し、退職を申請してから4日ほどで辞めることが出来ました。

このように上司に相談して退職の意志を伝え、相談することで規定期間よりも早く退職出来る可能性があります。

ブラック企業に捕まらないために

会社は入ってみないとわからない点が多くあります。

そのためには、利用する求人サイトを工夫してみると良いでしょう。

求人サイトによっては、ブラック企業を排除して、優良企業のみを紹介しているサイトもあります。

そういった求職サイトを利用することで、ブラック企業から逃れることが出来ます。

ただし、自分に合わない企業=ブラック企業と言われる時代でもあります。

最終的には自分の判断次第ですので、会社を選ぶ時はしっかりと自分にあった企業なのか確認を行う必要があります。

第二新卒エージェントneo



正社員での就職・転職を希望する18歳~28歳をメインにした求人サイトです。

スタッフは全員第二新卒で、豊富な経験を持つキャリアアドバイザーが将来像や希望・適正を踏まえて求人を紹介してくれます。

初回の面談も最大2時間と、かなり厚い待遇です。

18~28歳で就職・転職を目指している人にオススメです。

 

doda

CMでもおなじみのdoda(デューダ)

dodaは大手や優良企業を中心に、常時豊富な求人情報を掲載している転職サイトです。

dodaの専門スタッフが希望や適性に合った求人の紹介、転職活動のサポートを行ってくれます。

dodaの特徴として、非公開求人を多く持っているという点です。

これら非公開求人を含む求人から自分に合った求人を紹介。

さらに、専門スタッフが企業へのエントリー、選考結果のお知らせ、面接日程の調整など内定までをトータルサポートしてくれるという至れりつくせりな対応をしてもらえます。

また、必要に応じてキャリアカウンセリングも実施しているので、不安な点などあればカウンセリングを受けることも可能です。

 

リクルートエージェント

 

リクルートエージェントは業界最大の非公開求人数を誇る大手転職サイトです。

その数非公開求人だけで10万件以上。他社を圧倒する求人数を誇ります。

非公開求人にする理由は、

応募が殺到しすぎるから、企業戦略上一般公開できない重要求人だからなど、

非公開にせざるを得ない求人だからです。

そういった、一般公開求人よりもよりよい求人情報を多く持っています。

キャリアアドバイザーも充実しており、職務経歴書・履歴書などの書類の添削、独自に分析した業界・企業情報の提供、志望企業への推薦など様々な転職サポートを行ってくれます。

 

 

試用期間中に確認すべき企業の実態まとめ

試用期間は、あなた自身が会社を試す期間です。

本当にこの会社で自分はやっていけるのか、就職する前に言われた条件は合っているか、人間関係や部署の関係は問題ないかなど、しっかりと確認しましょう。

自分の生活がかかっている大事なことですので、ちゃんと自分が納得して働ける会社かどうかじっくりと見極めましょう。

 

おすすめ転職サイト・エージェント
リクナビNEXT
\毎週2.6万人以上が新規登録/
実際に転職した人の約8割がリクナビNEXTを利用しています。
リクナビNEXTだけの限定求人が約85%
圧倒的な求人数で、地域・職種問わずあらゆる転職者にマッチする求人を探すことができます。
ここにしかない求人が非常に多いため、他のサービスとの併用も オススメできます。
カテゴリー転職サイト
年齢層幅広い年齢層にオススメ
特徴グッドポイント診断で自分の特徴を捉え、自己分析に活かせます。
こんな人におすすめ何から始めたら良いかわからない・自分のスキルを活かせる職場に行きたい・転職意向はないが、診断には興味がある そんな人にオススメです。

グッドポイント診断公式ページ

doda
DODAの求人のうち、80%以上が非公開求人です。
自分では見つけられない求人もエージェントサービスに登録することで見つけることができます。
転職のプロが企業へのエントリー、選考結果のお知らせ、面接日程の調整など内定までをトータルサポート。
また、必要に応じてキャリアカウンセリングを受けられます。
転職活動が不安な方でも安心して転職活動を進めることができます。
カテゴリー転職エージェント
年齢層20代のサポートが手厚い
特徴80%以上の非公開求人
こんな人におすすめ手厚いフォローやサポート、ノウハウなどを受けたい方

詳細ページ公式ページ

リクルートエージェント
転職支援実績NO.1
転職支援実績は累計41万1,000名以上(2017年3月期時点)
業界最大級の非公開求人数
リクルートエージェントでは一般公開の他、10万件以上の非公開求人を取り揃えています。
アドバイザーによる様々な転職サポート制度も充実しています。
カテゴリー転職エージェント
年齢層幅位広い年代
特徴業界最大数の求人を持つ転職エージェント
こんな人におすすめ業界最大手で、キャリアアドバイザーにしっかりとサポートしてもらいたい人

詳細ページ公式ページ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA