職業訓練で実際に体験した内容。必要事項や疑問点などを紹介、解決します。
仕事

【仮病は悪いこと?】ズル休み 行きたく無いなら行かなくていいじゃない!

 

 

今日は仮病を使って仕事を休んでこの記事を書いています。

内容はタイトルにある通り。

昨晩面白かった小説を読んでいたら、夜更かしし過ぎて朝起きられ無かったので、仕事を休みました!!

はい、クズです。

でもたまには良いと思うのです。

仕事に行きたく無い日もたまには(本当は毎日)あるというもの。その中の一日だけ休みを取って何が悪いのか!

たまには思い切って仕事を休めば良いのです。

 

仕事を休んだ理由

私が仕事を今日休んだ理由は、直接的な理由としては深夜まで小説を読んでしまい、睡眠不足で仕事に影響をきたすと感じたから(あと遅刻決定だったから)です。

なので会社に風邪を引いたと仮病の連絡をしました。

ですが、なんだかんだ普段の仕事の疲れが精神的にも肉体的にも溜まっていたのは事実でしょう。

もし心も体も元気で、仕事のやる気が溢れていたのなら、多少寝不足だろうと元気に出社していたはずです。

仕事を休みたいと思った時は、大なり小なり自身に疲れが溜まっている、分かりやすい体からの警告なのです。

あとはどうするか、無理にでも仕事に行って疲弊して帰ってくるのか、心身の回復のために一日休むのか。

どっちの方が自分にとって良いのか分かりますよね?

急に仕事を休むのは悪いこと?

そもそも仕事を休むことは悪いことでしょうか?

既に予定が決まっていて、事前に申請する分には(普通の企業なら)何も問題なく休みは貰えるかと思います。貰えない会社は辞めることを視野にいれるべきでしょう。

事前に休むことが決まっているのなら問題はありませんが、普段会社に行きたく無くなるのは、朝起きてすぐの事がほとんどだと思います。

そんな時急に会社を休んでも良いのでしょうか?

答えは、良いんです。

寧ろ休みましょう。

本来仕事は嫌々行くものでは有りません。

思い出してみて下さい。

あなたが今入社しようと思った時、嫌々行くことになるのを分かっていて、嫌々行くことに納得して入社しましたか?

分かっていて入社したのなら仕事に行くべきでしょう。だって納得してるんだし。

ですがそうでは無いですよね?

おそらく仕事をして行く内に、どんどん仕事の量や、重圧、人間関係などで仕事に行くことが嫌になってしまうのです。

仕事に行くのが嫌だ! と少しでも感じるようになったら、既にあなたは心身共に参ってきている前兆です。

そのまま突き進めば転職か、もしくはうつ病へ真っ逆さまです。

そうなる前に!

仕事に行くのが嫌だと感じたり、精神・肉体に不調を感じたのなら仮病を使ってでも休むべきです。

いえ、仮病じゃないですね。だってあなたは既に仕事のせいで病み始めているのかもしれませんから。

病気はじめにはしっかりと休養を取ることが大事です。

それは本当の病気でも、仕事からくる病気でも同じことです。

会社に行きたくないと思ったら、病気が悪化する前に一度心身ともに休ませることが大事です。

 

休むには信用の積立が必要

普段から真面目に働いている人が、風邪で一日休んだ所で、誰も不審には思ったりしないでしょう。

それは真面目に働くことで、社内で「あの人は真面目な人だ」とある種の信用があるから問題ないのです。

ですが、休みを取っても大丈夫だとは言っても、すぐにポンポン取っていては社内であなたに対する視線が変わるのは必定です。

体が弱いと思われたりすると、会社からするとこのまま雇い続けても大丈夫か心配になりますし、

人によっては

「またあいつ休みやがって!」

なんて影で言われることになるでしょう。

仮病で休むなら、事前にある程度社内での信用を積み立てて行く必要が有ります。

信用という名の貯金を毎日積み立てて行って、仕事に行くのが辛くなり始めたら貯金を下ろして休みを取る。

そのように考えると良いと思います。

本当に毎日がキツイなら転職も視野に

毎日積み立てた信用すら使い切ってなお仕事を休みたいと思うのなら、それはもう今の仕事に限界が来ている証です。

転職も考えた方が良いでしょう。

何度も言いますが、

仕事で自分を潰す必要は有りません。

また

他人よりも自分です

自分を大切にしないと、結局の所全ては自分に返ってきてしまします。

また、もし他にやりたい仕事が別にあるのなら、やりたい仕事で働いている自分を想像してみるのも良いかも知れません。

そうすれば気分も前向きになるでしょうし、やりたい仕事に向けて今の仕事を辞められる決心がつくかも知れません。

将来的にでも転職を考えているのなら、取り敢えず転職サイトに登録しておくと良いかと思います。

見ているだけで意外と面白かったりしますよ!

有名所だと

DODA
フリーターからの転職なら【キャリアスタート】リクナビNEXT

などがありますので、いくつか登録してみるのが良いかも知れません。

 

まとめ

まとめると

・たまになら仮病で仕事を休んだって良いんです!

・会社や他人よりも自分が大事。

・休み過ぎには注意。普段から信用の積立をしていこう。

・積立が尽きても休みたいなら、転職を考えるタイミング

 

仕事を休んじゃいけない! と思ってしまうのは分かりますが、どうしてもシンドい場合は、もう会社に行くのを辞めて休んでしまいましょう。

休めると思うだけでだいぶ楽になるはずです。

 

おすすめ転職サイト・エージェント
リクナビNEXT
\毎週2.6万人以上が新規登録/
実際に転職した人の約8割がリクナビNEXTを利用しています。
リクナビNEXTだけの限定求人が約85%
圧倒的な求人数で、地域・職種問わずあらゆる転職者にマッチする求人を探すことができます。
ここにしかない求人が非常に多いため、他のサービスとの併用も オススメできます。
カテゴリー転職サイト
年齢層幅広い年齢層にオススメ
特徴グッドポイント診断で自分の特徴を捉え、自己分析に活かせます。
こんな人におすすめ何から始めたら良いかわからない・自分のスキルを活かせる職場に行きたい・転職意向はないが、診断には興味がある そんな人にオススメです。

グッドポイント診断公式ページ

doda
DODAの求人のうち、80%以上が非公開求人です。
自分では見つけられない求人もエージェントサービスに登録することで見つけることができます。
転職のプロが企業へのエントリー、選考結果のお知らせ、面接日程の調整など内定までをトータルサポート。
また、必要に応じてキャリアカウンセリングを受けられます。
転職活動が不安な方でも安心して転職活動を進めることができます。
カテゴリー転職エージェント
年齢層20代のサポートが手厚い
特徴80%以上の非公開求人
こんな人におすすめ手厚いフォローやサポート、ノウハウなどを受けたい方

詳細ページ公式ページ

リクルートエージェント
転職支援実績NO.1
転職支援実績は累計41万1,000名以上(2017年3月期時点)
業界最大級の非公開求人数
リクルートエージェントでは一般公開の他、10万件以上の非公開求人を取り揃えています。
アドバイザーによる様々な転職サポート制度も充実しています。
カテゴリー転職エージェント
年齢層幅位広い年代
特徴業界最大数の求人を持つ転職エージェント
こんな人におすすめ業界最大手で、キャリアアドバイザーにしっかりとサポートしてもらいたい人

詳細ページ公式ページ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA