働き方の新しい形とは? 新しい働き方について考える
就職活動

【IELTS】資格の力で外資系企業に採用!本場の英語力を得られる資格とは!?

就職するにあたって、給与の額や待遇からも誰もが行きたいと考える外資系企業。

今回は、そんな外資系企業に資格をとったお陰でスムーズに入れた方からお話を聞くことが出来ました。

ブログ管理人
ブログ管理人
貿易企業に入社する際、とても有利に働いたそうです
資格保持者
資格保持者
「就活に有利な資格が欲しい!」「英語を生かしたい!」この2つの思いがある方なら、IELTSはオススメです。

今回は私がIELTSを取った経緯や、就職活動でIELTSが役に立った時の事をお話したいと思います!

履歴書に書けば書類選考が有利になり、面接でのアピール材料となる強いカードです。

以下で詳しく教えてもらいましょう!

IELTSはどんな資格?

今回ご紹介するIELTSという資格は、英語の4技能であるリスニング、リーディング、ライティング、スピーキングの能力をはかるテストです。

TOEICや英検と異なりメジャーではありませんが、4つの技能がしっかりとテストされることでかなり実践的な英語ができる証明となります。

ちなみに、TOEFLはアメリカ系、IELTSはそのイギリス系で、メインはイギリス英語となっています。

IELTS公式:https://www.eiken.or.jp/ielts/

IELTSを習得した理由

この資格は私がイギリスと提携がある貿易会社に就職を希望した時に必要なものでした。

必須というわけではありませんが、あれば英語が話せる証明になりました、日本人は英語において受け身な教育を受けてきたため、リスニングとリーディングの授業はしても、なかなか能動的なライティングとスピーキングはできていません。

実践に弱いと思われれば仕事での即戦力にならないので、IELTSは特に役立ってくれました。

就職するのに必要な点数は?

 

IELTSは4つの技能それぞれに点数が付きますが、その総合得点が主な評価指標となります。

9.0点満点で、ビジネス英語ができるレベルになると最低でも6.5は欲しいところです。

この点数は実力がイメージしにくいかと思いますが、6.5となるとセンター試験の英語は満点が取れるレベルです。

それに加え英語で日常会話もでき、海外の大学に無条件で留学に行けるだけの会話術がある状態です。

オススメの勉強方法

テスト

日本人は特に英語を話すことが苦手です。

何故なら話す機会がないから。

私もそうで、田舎に住んでいて周りで外国人を見ることすらありませんでした。

だから特にスピーキングを強化するために、お風呂で妄想にふけりました。

道端でイギリス人と出会い、道を尋ねられてそこから色々な方面に会話が弾んでいくというシミュレーションを繰り返したのです。

会話はいつだってアドリブですから、とにかく詰まることなく話し続けられるかを追求しました。

相手役も自分でやります。

その英語が文法的に正しいかどうかなんて考えていては会話にならないので、

「一人でもとにかく話し続けること」

これに重点を置いて訓練する方法がスピーキング強化にオススメです。

英会話スクールに通うのも良いですが、お金がかかり、毎日行けないのでやめました。

このシミュレーション訓練の結果、私はIELTSのスピーキングにおいて他のどの技能よりも高い得点がとれました。

資格習得にオススメな教材

IELTSの勉強をするなら、おすすめはIELTSブリティッシュ・カウンシル公認問題集です。

どの教材も英語の4技能を全て網羅しているので、1冊されば問題ありません。

むやみに色々な本を取るよりは、1冊を何周もしておく方が身になります。

ただ、リーディングは一度読んでしまったらその内容が頭に残ってしまうので、より多くの問題を解きたいならIELTSにかかわらず難関大学受験用の参考書を代用しても良いと思います。

TOEFLと違って、IELTSはペーパーテストになります。

また、形式も異なるため一度TOEFLを受けたことがある方はご注意を。

まずはIELTSというテストとは何か、そしてその形式をこの参考書で理解した上で勉強していきましょう。

IETLTSを習得して良かった点

私がIELTSを受験して良かったなと思えたのは、英語系の会社であれば履歴書に書くだけでどれくらいの実践力があるのか把握してもらえたことです。

反対に、英語系でない会社は調べもせずに「これは何のテストかな?」と100%聞かれたので、英語、特にイギリス方面と提携がある会社を受ける時にのみ真価を発揮するものだと思いました。

IELTSはわかる人にはわかる資格というもので、TOEICや英検ではなかなかわからない

「本当の英語力」

を面接官にわかりやすく伝えてくれました。

英検1級を持っていても英語を話せない人や発音が悪い人はいますが、IELTSはそれらを誤魔化せません。

だからこそ、私の場合は採用までスムーズに進んだ節があります。

英語を扱う会社ではまず書類選考で落ちることはなかったので、それもこの資格を取ったおかげによるところが多いなと感じました。

最後にこれから就職する方へ一言

就活、始めてみると緊張しますし、社会人としてやっていけるのだろうかという不安はありますよね。

どうせ働くなら好きな職場で働きたいと思うので、英語系を目指すのであれば是非IELTSの受験を検討してみてください。

英検のように合否がないので、一度受験して今の自分がどれくらいのレベルなのか点数を確認してみるのも良いでしょう。

「会社でバリバリ英語を話せるようになりたい!」

「海外の支社へ行ってみたい!」

そんな思いがあるなら特に有効な資格です。

 

 

ブログ管理人
ブログ管理人
IELTSは、日本ではあまり馴染みが無い資格かもしれませんが、世界140ヵ国、合計10,000以上の機関が認定している一大資格です。外資系、特にイギリス系企業に就職を希望する人は、資格の取得を考えてみても良いかもしれません。
おすすめ転職サイト・エージェント
リクナビNEXT
\毎週2.6万人以上が新規登録/
実際に転職した人の約8割がリクナビNEXTを利用しています。
リクナビNEXTだけの限定求人が約85%
圧倒的な求人数で、地域・職種問わずあらゆる転職者にマッチする求人を探すことができます。
ここにしかない求人が非常に多いため、他のサービスとの併用も オススメできます。
また、自分の強みを教えてくれるのもリクナビNEXTの特徴です。自分の強みを知ってから転職活動に取り組みましょう。
カテゴリー転職サイト
年齢層幅広い年齢層にオススメ
特徴グッドポイント診断で自分の特徴を捉え、自己分析に活かせます。
こんな人におすすめ何から始めたら良いかわからない・自分のスキルを活かせる職場に行きたい・転職意向はないが、診断には興味がある そんな人にオススメです。

詳細はコチラ公式ページ

doda
DODAの求人のうち、80%以上が非公開求人です。
自分では見つけられない求人もエージェントサービスに登録することで見つけることができます。
転職のプロが企業へのエントリー、選考結果のお知らせ、面接日程の調整など内定までをトータルサポート。
また、必要に応じてキャリアカウンセリングを受けられます。
転職活動が不安な方でも安心して転職活動を進めることができます。
カテゴリー転職エージェント
年齢層20代のサポートが手厚い
特徴80%以上の非公開求人
こんな人におすすめ手厚いフォローやサポート、ノウハウなどを受けたい方

詳細ページ公式ページ

リクルートエージェント
転職支援実績NO.1
転職支援実績は累計41万1,000名以上(2017年3月期時点)
業界最大級の非公開求人数
リクルートエージェントでは一般公開の他、10万件以上の非公開求人を取り揃えています。
アドバイザーによる様々な転職サポート制度も充実しています。
カテゴリー転職エージェント
年齢層幅位広い年代
特徴業界最大数の求人を持つ転職エージェント
こんな人におすすめ業界最大手で、キャリアアドバイザーにしっかりとサポートしてもらいたい人

詳細ページ公式ページ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA